2007年10月23日

悲しい現実



新潟でお邪魔していた
和食屋さん「三鬼遊さん」が
大変なことになっています。

何度も繰り返される悲しい現実です。
詳しくは「三鬼遊」さんのブログを覗いてください。
http://sankiyu.a-thera.jp/

食事もろくに与えてもらえず
骨と皮だけになってしまっているデンちゃん。
断耳されて抜糸もされていないドーベルマンちゃん。
見てるだけで涙が出ます。
ひどい光景です。

レスキューした先が
個人なのかブリーダーなのか私には分からないのですが
同じ人間として本当に悲しくなります。
犬は物ですか?
命あるものなのに・・

現在、三鬼遊さんでは
グレートデン4匹、ドーベルマン1匹、ボクサー1匹を
レスキューしてくれています。

もともと三鬼遊さんには
3匹のデンちゃん、1匹のバセットちゃんがいるので
いまのとこは10匹の大家族。
(kijimaさん合ってますか?)

「三鬼遊」さんのkijimaさんは
昔からボランティアで預かりや里親探しをされてる方です。
今回もレスキューで引き取って下さっているようです。

レスキュー出来た子たちもkijimaさんのもとで
少しづつ元気になってきているようです。
一日でも早く元気になってくれるのを祈るばかり。

大型犬のレスキューは全ておいて大変であろう事は
私でも簡単に想像がつきます。
kijimaさんをはじめ、ボランティアの方々が
その子達にたくさん愛情を注いでくれている姿に頭が下がります。


こうゆう話を目にするといつも思うこと。
なぜ同じように生まれてきたのに
こんな扱いを受けなくちゃいけないんだろう?
苦しむために生まれてきたわけじゃないのに。

みんな人間のせいだよね。

愛情を注げないのなら
一生面倒がみられないのなら
動物を飼う資格はないと私は思います。
みんな愛されるために生まれてくるんだと信じたい。

レスキューされた子たちが一日でも早く元気になって
新しい家族のもとで素敵なワン生を送れるのを祈ってます。

今回、この悲しい現実を知ってもらうために
この日記をアップしました。



ニックネーム ひなママ☆ at 03:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする